両者の違い

借金の種類は、銀行などの金融機関のものと消費者金融のものがあります。
同じ点は、利息が存在することですが、決定的な違いとして、審査があります。
審査とは、その方に借金ができるかを判断する基準が審査です。

銀行などは厳しく、消費者金融などはゆるいとされています。
そして、利息は消費者金融のほうが高いです。
ですから、銀行などで借金ができなかった人も消費者金融では借金をすることができます。

銀行の借金の審査はとても厳しいものですが、いろいろな形での借金をすることができますが、消費者金融などの借金とは異質です。
良い例が、自分の定期預金からの借り入れができること。
これは、自分の定期預金を担保にしてお金を引き出すことができるもので、厳密に言うと借金ではありません。

しかし、その定期預金を活かすためには、借りたお金にきちんと利息がつき、それを支払うことで、定期預金を有効にすることができます。
借金の種類と考えることができます。
銀行などの借金には、こうした担保が必要になります。
保証人が存在したり、土地などの担保がないと、借金をすることができません。

消費者金融にはそのようなものは存在しませんが、気軽に借金することができますが、ある程度の審査が存在し、定収入などがなければならないなどの条件は当然です。
そして、以前は専業主婦なども簡単に借金ができますが、現在は簡単にいかないです。

銀行などでは、専業主婦では絶対に借金をすることはできません。



≪Recommend Site≫
膨らみすぎた消費者金融や信販会社の借金返済について相談を受けている法律事務所です ⇒ 借金返済